スタイルが悪くてもAV女優になれますか


スタイルがいい女性とは、いったいどんな女性でしょう。
おっぱいが大きく、腰が細く、丸いお尻をした、いわゆるボンッキュッボンッの女性のことでしょうか。

しかし、おっぱいが小さい女性もまた魅力的です。お尻も小さいだけで垂れていては魅力は半減です。
また、奥ゆかしいAV業界には「フェチ」という言葉があるように、ちょっとぽっちゃりの方がいい、貧乳の方がいい、熟女のほうがいい……などなど、一括りにはできない様々な魅力とニーズがあるのです。ですから、AV女優になるためにスタイルの良し悪しはあまり影響ありません。

AV女優の中でもピンでソフトが作られるようなAV女優は、できるだけ広い世代に受けた方がいいでしょうが、そこまでのスターにならなくてもお金は稼げると思います。
一般的な「理想のスタイル」をAV業界に求めるのは難しいでしょう。求められるのは、どんな女優を目指し、どういったスタイルで売っていくかということだと思います。

This entry was posted in AV女優になるには. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります